50/50

「50/50」を観た。

ごく普通に暮らしていた青年が、突然ガンの宣告を受け(治療確立が50%)、”闘病”を描くヒューマンドラマです。

主演は、クリストファー・ノーラン作品(インセプション、バットマン等)で一躍脚光を浴びているジョゼフ・ゴードン=レヴィット、助演にセス・ローゲン。

好青年を演じたらピカイチなジョゼフ~さんと、
憎めないおばかキャラを演じたらピカイチなセスさん
この二人の掛け合い、バランスが非常によかったです。

話の内容も、ガンの宣告を受けながらも友達や家族の支えのなか、時には笑い、時には葛藤する姿に、観ているこちらも思わず笑い、思わず落涙したりと、気付いたら主人公の闘病生活を一緒に過ごしているような感覚に陥ってるようでした。
生きることの大切さ、前向きに生きるっていうようなありきたりな言葉でまとまってしまいそうだけど、何があるかわからない人生、一瞬一瞬を一生懸命過ごさないとなぁと強く思わされる、そんな素晴らしい映画でした。

良作!!
95点

d0121781_9345234.jpg


主人公アダムの彼女役で出演していた女優さん、名匠ロン・ハワードの愛娘だったとは!!
[PR]
by putain-day | 2012-10-05 06:55 | MOVIE | Comments(0)
<< 晴天の迷いクジラ Drive >>