母なる証明

「母なる証明」を観た。

「アジョシ」で個人的映画史に残る、腹筋美を魅せたキングオブビンビンことウォビン・ビン主演の映画です。

監督は、映画評論家が口を揃えて、実力派と称するポン・ジュノ。

おそらく、すごくよく出来た、演出された映画なのだろうけど、どうも映画の世界観に入り込めず、観た

しばらく前に観た映画のため、色々と思い出すのに、インターネットで調べていたのだけれど、主人公の母を演じた、キム・ヘンジャさんは、『韓国の母』と呼ばれる女優だそう。
どうして、韓国はやたらと、「韓国の○○」、「国民の○○」と名前がつくのだろう。
絶対に「変ジャ!」と、オヤジギャグでしめたいと思います。

50点

d0121781_114758.jpg

[PR]
by putain-day | 2012-12-24 12:19 | MOVIE | Comments(0)
<< 光のほうへ 突破口 >>