邂逅の森

「邂逅の森」熊谷達也 著
を読んだ。

狩猟者の「マタギ」が主人公の小説。
舞台は、100年くらい前の東北(だったはず)

読み始めは、台詞は東北弁だし、あまりイメージできない土地の設定に苦労して、あまりページを読み進めることができませんでしたが、途中から完全に物語の虜となり、一気に読み進めることができました。

熊を狩るシーンの描写は、こちらまで息をひそめるような感じでとても緊張感がありました。

性描写も結構あったのですが、エロスというより、本能むきだしの獣同士の絡みあいな感じで書かれており、こちらもすごかったです。

何かものすごいものを読んでしまったという印象です。

個人的には堂々の100点!

d0121781_15124138.jpg

[PR]
by putain-day | 2013-10-26 12:59 | BOOK2013 | Comments(0)
<< 45作目 ヒーローショー 44作目 クレヨンしんちゃん ... >>