52作目 スペシャルフォース 特殊部隊

「スペシャルフォース 特殊部隊」を観た。

映画の予告をYoutubeで観ていたらたどり着いた映画で、主演がダイアン・クルーガーというちょっと有名所だったので、レンタルしてみた。

普通、特殊部隊物といえば、アメリカ軍という設定がほとんどなのだけれど、今作はフランス軍特殊部隊が主役。
特殊部隊の隊長に、「ブラッドダイアモンド」での好演が光った、ジェイモン・ハンスウさん。しっかり隊長役だったのだけれど、ブラッドダイアモンドのイメージが強烈に残りすぎていた・・・

アフガニスタンで取材をしていた美人ジャーナリスト(ダイアン・クルーガー)がテロ組織:タリバンに拉致されて、その美人ジャーナリストを特殊部隊が救助しに行くという、とても簡単なストーリー。

特殊部隊と名がつくだけあって、軍隊の精鋭中の精鋭の集団。
その集団がさらに、地獄のような訓練を積み、このような過酷な任務に赴く。訓練が過激すぎて、死者が出たりするほど。というのが、私の特殊部隊の認識。

ちょっとネタバレですが、劇中では、4000m級の雪山を越えるシーンが出てくる。
狙撃だったり、突入だったり、あくまでも戦闘に特化したのが、特殊部隊と考えていたけれど、サバイバルにも恐ろしいほど長けている。
戦場、砂漠、雪山、、、
屈強という一言では片付けられませんね。

ただ、ひとつ気になったのは、キャスト。
なんだか、ハリウッドの安っぽいエロホラー的なキャスト。
と言ったら語弊があるけれど、顔や性格で、「この人はやられるな」ってのがわかってしまう。エロホラーに出てくるビッチや、やんちゃなお兄ちゃんがやられるように。
いくら特殊部隊とはいえ、人間です。絶対に生きたいはず。ここがちょっとひっかかった。

作品の最後に、「アフガニスタンで戦死したフランス軍人、危険をかえりみず真実を報道しようとする記者に捧げる」とあります。

世界情勢に疎い私は、アフガニスタンといえば、アメリカってイメージしかありませんでしたが、こうして他国の軍も参戦して、多くの命が奪われているのですね。

やはり戦争はよくない。
特殊部隊のような人たちが活躍しない日が一刻も早くやってきますように。

65点

d0121781_7523978.jpg



[PR]
by putain-day | 2013-12-11 06:52 | MOVIE2013 | Comments(0)
<< 53作目 宇宙兄弟 雲丹醤 >>