55作目 ザ・マスター

「ザ・マスター」を観た。

大好きなフィリップ・シーモア・ホフマン出演の今作。
監督は、もはや巨匠のポール・トーマス・アンダーソン。

戦争にて精神が病んでしまった主人公が、新興宗教(?)のカリスマ―マスターと出会い、徐々にはまりこんでいく姿を描いた今作。
主人公二人の怪演が光ったが、話には最後までのめりこむことはできませんでした。
もっと集中して観たら、ひょっとして感想はかわっていたのかも。
はたまた、もう一回観ればまた違う印象を受けるのかもしれませんが、他の作品を観ることにします。
主演の二人はもちろんですが、登場人物全員の表情がすごかった。

70点

d0121781_10123882.jpg



[PR]
by putain-day | 2013-12-14 06:58 | MOVIE2013 | Comments(0)
<< 無題 54作目 人生はノーリターン ... >>