61作目 ゼロ・グラビティ

「ゼロ・グラビティ」を観た。

2013年、映画見納めにふさわしい作品。
ちなみに2012年は007スカイフォールで見納めしました。
年末に映画館に行くのが、年末らしくて好きになりつつあります。

至るところで、評論されつくした今作。
本当にその通り。

①映画館で観るべし
②できればIMAX、最悪でも3D
③話はつまらない
④映画を観るというより、空間を体験すべし

以上、その通りでございました。
年末だし、ということでできれば前々から興味があったIMAXで観たいがために、名古屋まで行くか!とギリギリまで悩むも、スケジュールの都合上断念。
通販で何でも手に入る時代になってから東京など首都圏への憧れは一切なくなったけど、このIMAXに関しては、うらやましすぎる。

結局地元映画館の3D字幕にて鑑賞してきたのですが、以前から気になっていた、字幕まで3Dになってしまう問題。
台詞が少ない映画だったからなのか、全然気になりませんでした。
3D眼鏡もスポーティーな感じに改良されていたし。
個人的にはもっともっと、ビュンビュン飛ばして欲しかったかな。

劇場で観れてよかったです。
やっぱり映画館ってのはいい。

予告を観てるときのワクワク感。
携帯電話など外部からの情報を一切シャットダウン。
観終わった後の、楽しさ、嘆き。
なかなか足を運ぶことはできないけど、定期的には行きたい。特にこんな大作ものは。


[PR]
by putain-day | 2014-01-09 06:55 | MOVIE2013 | Comments(0)
<< 1作目 世界にひとつのプレイブック 60作目 ザ・ロイヤル・テネン... >>