1作目 世界にひとつのプレイブック

「世界にひとつのプレイブック」を観た。

主演の二人はどこかで観たことある人なんだけど、それが思い出せず終始モヤモヤした感じでいたけど、観終わってすぐに調べて納得しました。
主役の男性はブラッドリー・クーパーさん、大好きなハングオーバーに出演されていた人です。ヒロインのジェニファー・ローレンスは未見ですが、ウィンターズボーンにて各賞を総ナメにした人でした。

主人公は精神的病にかかっていて、ある曲を聴くと発作がでてしまうのですが、その曲がStevieWonderのMy Cherie Amour、病を断ち切るきっかけとなったのも同じくStevieWonderのDon't You Worry 'bout A Thing。Stevie凄し。

内容は、どうなるかと思いきや、結局は王道ラブドラマな感じ。
僕はいまいちのれませんでした。

主人公の父親役でロバート・デ・ニーロ、そしてその妻役、主人公の母親役に昨年観た「アニマル・キングダム」での怪演が光ったジャッキー・ウィーバーさん。この二人の演技がやはり光っていました。

70点

d0121781_8445531.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-01-10 06:45 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 62作目 BELLY 血の銃弾 61作目 ゼロ・グラビティ >>