GET LUCKY

WDKさんからの情報。
失禁レベルのパフォーマンスです。



第56回グラミー賞は主要4部門で、ダフト・パンクが最優秀アルバムと最優秀レコードを受賞とのこと。このパフォーマンスをみなくても納得の受賞ですね。
初めてDAFT PUNKという名前を耳にしたのは1997~1998年頃、名盤HOMEWORKを初めて聞いたとき。約13年。そんなに経ったか~という思いと、懐かしいという思いと。

話は戻りますが、やっぱりこのパフォーマンスは、観客含めてすごい!
[PR]
by putain-day | 2014-01-28 18:01 | MUSIC | Comments(0)
<< 6作目 キャビン 世の中それほど不公平じゃない >>