18作目 シェイム

「シェイム」を観た。

観終わってから気づいたけど、2014年 第86回アカデミー賞で作品賞を受賞した、Steve McQueen の監督作品でした。(俳優のSteve McQueenかと思っていたら、黒人の方でビックリしました。同姓同名なんですね)

主人公の男性は、過度の性(SEX)依存症。
ことあるごとに、なんらかの行為を行っていないと落ち着かない。

テーマがテーマだけに、ウッとなりがちなんですが、薬物依存症、アルコール依存症な映画はごまんとある。
こうやって振り返って考えてみると、なんだか淀んだ気持ちになる。

依存とまではいかないにしろ、人は誰かを頼ったり、心のよりどころにしている。
決して、薬物やアルコール、今回のような性の依存症は褒められたものではないけれど、誰にでも潜む、身近な暗黒面なんですよね。

だから、怖い。
一見すると、ヒューマンドラマのような感じがするけれど、心の闇を描いた、非常にホラーな作品。

完成度が高いというのはこういうことなのでしょうか。

面白い、面白くないというレベルではない。
久しぶりの、何かすごいものを観てしまったという感覚。
あくまで私見ですので・・・

87点

d0121781_1401065.jpg




DRVIEで一躍有名になった、主人公の妹役、キャリー・マリガンが◎
いやハナマル。
[PR]
by putain-day | 2014-03-19 06:40 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 怒り(上) GULFMASTER GWN-... >>