27作目 ホワイトハウスダウン

「ホワイトハウスダウン」を観た。

この作品とまるっきりかぶってしまっている今作。

あまり高いレベルでの争いではないけれど、今作のほうが圧勝。

しかし、つっこみどころは満載でした。

どちらにも共通して言えるのは、世界一安全であるべき場所、ホワイトハウスがいとも簡単に占拠されてしまうということ。まぁこれを言ってしまうと何も始まらないんですが・・・

この映画を観て、改めて思ったこと。

①映画とはいえ、どんくさい登場人物がイラッとしてしまう。
今作は主役の娘にもうイライラ、イライラきっぱなし。
アメリカ人とかだと映画館でも平気で声を出して、登場人物に話かけたりってことがあるらしいので、おそらくアメリカの映画館では盛り上がったシーンだったりするのでしょうけれど・・・

②ジェイミー・フォックスが嫌い
もう末期症状。
どんな役であれ、どんな芝居であれ、どんな映画であれ、観たくない俳優。
彼の提案ではないにしろ、ちょっと狙った小ボケなんかは、もう憤慨。

起きてはならない、このような緊急事態ですが、このような緊急事態が起こった場合の政府対応の仕方などは観ていて面白かった。アメリカ政府なんかは、僕ら一般庶民が想像すらできない、危機対応マニュアルを持っているんだろうな~

70点

d0121781_1521781.jpg




軍事訓練を受けているテロリストを、特に訓練も受けていない一警護員がやっつけてしまってはダメでしょ・・・
[PR]
by putain-day | 2014-04-14 06:56 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 28作目 ベルリンファイル 26作目 僕が星になる前に >>