28作目 ベルリンファイル

「ベルリンファイル」を観た。

あれだけ毛嫌いしていた、コリアン映画も、結構借りて観るようになった。
友人のW君には「魂を売ったな」なんてチクリといわれそうだけど、、、

そしてこのベルリンファイル。
またしても、とても悔しいけれど面白かったです。

国を問わず、アクション物ではここ最近で一番良かったかも。
哀しき獣チェイサーでおなじみの、ハ・ジョンウがもう最高。
築地のマグロよりも脂がのっている、もう旬すぎる役者だと思います。
哀しき獣もそんな役柄だったけど、北朝鮮系の役がハマリすぎている。イケメンなんだけど、どこかに漂う悲壮感というか、暗い過去を持っていそうな感じというか。

未見ですが、今作のような海外大ロケを敢行した日本の映画だと「アマルフィ」(織田ユウジ主演)とかがあるんだろうけど、もう観るまでもなく完敗。というより、同じ土俵にすら上がれないと思う。当たり屋根性で一度観てみようかしら。

話は非常に難しい。
登場人物が多い(ハングル系の名前は全然憶えられない!!)、しかもワールドワイド。
なんとなくでしか物語は把握できなかったけど、んなこたーどうだっていい。いやよくないか。

それにしても、チクショー。
面白かったぜ、チクショー!!!

90点

d0121781_7294814.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-04-16 07:29 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 買いたい書物 読みたい書物 27作目 ホワイトハウスダウン >>