33作目 僕が星になるまえに

「僕が星になるまえに」を観た。

タイトル通りの映画でした。
末期癌の青年が余生を病院なんかで過ごさずに、親友たちと自分の憧れの景色を見るために旅に出るという、ロードムービーです。

内容云々というより、もし親友が同じようなことを言ったら、仕事を休んで、家族を置いて(ちょっと言い過ぎか、、)、親友の最後のために尽くせるのだろうか。
親友の最後を見届けられるだろうか。
親友に病院での治療をすすめたりしないだろうか。
親友とは、、 ということをとても考えさせられた一作でした。

手元に広辞苑のような立派な辞書がなかったため、wikipedia調べによると、

「親友」
とても仲がいい友人を差す。 同音をもじった派生語に、心から
理解し合える友人の事を心友、信じあえる友人の事を信友などが使われることがある。

75点

d0121781_737501.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-05-17 06:36 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 34作目 舟を編む Roy Ayers Live ... >>