39作目 ホーリーモーターズ

「ホーリーモーターズ」を観た。

フランスの奇才、レオス・カラックス監督作。
「汚れた血」、「ポンヌフの恋人」、「ポーラX」等、一部ファンには熱狂的支持を集めている作品の監督という認識でした。いずれも未見です。

奇才という言葉にふさわしかった。

正直に言うと、最初から最後まで、まったく意味がわかりませんでした。
眠気にも幾度となく襲われました。

感想が、さっぱりわからない映画としか出てこない映画は、後にも先にもあまり無いような気がします。

最近観た、「トゥ・ザ・ワンダー」がゲルハルト・リヒターとかの綺麗だけど、何の絵なのかわからない絵だったとしたら、今作はピカソの、そもそも絵なのかすらわからない、まったくもって謎な絵な感じ。
説明すら謎になってきました。

意味がわからなさすぎて、印象に残る映画ということで
50点

d0121781_942388.jpg




カイリー・ミノーグやエヴァ・メンデスも出演しています。

このシーンは恐ろしくかっこよかった!!

[PR]
by putain-day | 2014-05-29 09:43 | MOVIE2014 | Comments(4)
Commented by punch at 2014-05-29 22:32 x
この監督、約20年程前にめざましテレビのインタビューに出た事あるが、
明後日な方向を向いてタバコをふかしているだけという放送事故のような内容を憶えている。
Commented by punch at 2014-05-29 22:34 x
タイタニックの有名なあの場面はポンヌフの恋人から。
Commented by putain-day at 2014-05-30 07:56
レオス・カラックス、インタビュー嫌い(特にTV)で有名ですよね。しかもめざましテレビって、、、 フジテレビも少しは考えればいいのに。タイタニックとポンヌフの恋人の関係は初めて知りました。
是非、挑戦して鑑賞してください。
そして感想をお待ちしております。
Commented by punch at 2014-05-30 22:29 x
学生時代にポンヌフの恋人はビデオでみました。
ルンペンの話だったな程度でしか憶えてないが
花火のシーンが印象的だったかな?

カラックス作品の中では観やすいらしいです。
<< 40作目 トランス 38作目 アポカリプト >>