45作目 ザ・タワー 超高層ビル大火災

「ザ・タワー 超高層ビル大火災」を観た。

タイトル通りの韓国映画です。
ハ・ジョンウ出演作が良い作品が多かったので、そのままズルズルと借りてしまった、韓国映画。

ネタバレ全開でいきます。

言うまでもなく、韓国版アルマゲドン。
情けないことに、中盤になるまでそれに気付かなかった、、、 悔しいです。
最初はテンポよく話が進むも、節々に出てくるイライラポイント。

前半から中盤にかけて、カンフー映画の食堂のおじさんが見せるような、笑えないおとぼけシーンが多すぎた。不要どころか、イラッときました。途中からは、ギャグというよりそのキャラクターを観るだけで不快な気持ちに、、、
その不快な気持ちはさらに伝染し、主要人物以外が何をしてもイライラ、イライラ。

そして極め付けは、主人公の無敵度合。
この手の映画にはよくあるパターンなわけですが、序盤からそんな感じはにおわせていたのが、終盤に見事に開花。本職の消防士より活躍しとるやんけー。そして動けてるやんけー。
消防隊なんかいらずに、最初から消防服着て、動けばいいやんけー。

それで終わりでないのがこの映画の見事なところ。
最後、ビルを爆破⇒解体なのですが、ビルの廻りの人たち、一切避難しとらんやんけー。
別の場所で救助された人たちが、病院へ直行ほどの傷を負いながら、なぜか解体現場へ逆戻りやんけー。

伏線の話も、ちょろっと話題出しておいて、解決されないまま、終了。
ちょっと雑すぎると思うのですが、、、

映像がすごいから、この内容の軽薄さはもったいない。
もっと煮詰めれば、大作に化ける可能性はあったと思うのだけれど。

30点
久しぶりにずっこけている映画を観た。

d0121781_1111986.jpg




ヒロインの女性。
見間違いじゃなければですが、白色のジャケットに、白色のパンツで清楚な女性を演出していたのだと思いますが、靴(ヒール)まで白色だったような気がするのですが。
見間違いでなければ、かなりイケていません。
[PR]
by putain-day | 2014-07-08 05:50 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 46作目 ザ コール アリエン ロッベン >>