56作目 モーターサイクルダイアリーズ

「モーターサイクルダイアリーズ」を観た。

有名な革命家チェ・ゲバラの若かりしき頃(革命家になる前)を描いた、ロードムービー。
思想とかは抜きにして、昔からゲバラの生き方には興味があって、書籍も何冊も読んだことがある。
そんな興味ある人物を描いた映画だから、前々から観ようとは思っていたが、なぜか手がでなかった。
興味がある、好きであるが故、失敗作だったらどうしよう⇒いっそ観ないほうがいいのかという思いがはたらいたのだと思う。

結果ですが、大変素晴らしかったです。
もう一度述べておきますが、ゲバラの思想に共感したり、ましてやキューバ体制に賛成などというわけでもありません。

爆発的な感性を持った若者二人が無謀ともいえる旅をとおして、見て感じたことがそのまま画面を通して伝わってくる感じ。
STAND BY MEを観たときと近い感覚。

今からでも決して遅くはないけれど、もっともっと若くて、時間を自由を持て余していたあの時代に観ていたら、間違いなく人生観はかわったであろう映画。

今後も大切にしたい一作となりました。

95点

d0121781_6563844.jpg




サントラは買いです。
あの、ロバート・レッドフォードが製作に関わっていた!
[PR]
by putain-day | 2014-08-20 06:56 | MOVIE2014 | Comments(2)
Commented by punch at 2014-08-20 23:32 x
うわぁ、懐かしい。
当時恵比寿ガーデンシネマまで観に行きました。
Commented by putain-day at 2014-08-23 07:36
俺も映画館で観ようと思って、こんなに時間が経ってしまいました。
月日が経つのは早いものです。
<< 57作目 ハナ 奇跡の46日間 55作目 パイオニア >>