64作目 るろうに剣心

「るろうに剣心」を観た。

現在、劇場で絶賛上映中とのことなので、のっかって前作を観てみた。
週刊少年ジャンプ連載の漫画が原作で、どんぴしゃな時代だったのだけれど、しっかり読み始めたのが、現在映画でやっているが登場したあたりからで、そのあたりはとても楽しみにして読んでいたという記憶がある。登場人物の斎藤一の必殺技「牙突」は、所属していた部活で流行っていたので、思い出がある。

伝説の人切りという設定の割には残念な殺陣シーンや、素人感が隠せないヒロインの演技、香川さんの演技の振り切れ感など、つっこみだしたら止まらないけれど、漫画原作の実写化という点においては、成功とまではいかないにしろ、合格点は超えているような気がします。

日本映画の中で台詞が何を言っているかわからない俳優といえば、北野武(代表作:アウトレイジ)、中村獅童(代表作:男たちの大和)、藤原竜也(代表作:カイジ)という3名が真っ先にあげられるのですが、その三本柱の一角を担う、藤原竜也さん演じる志々雄真実の次回作が気になります。
予告を観る限り、割と聞き取りやすいような気がしますが。

次回作への期待を込めて70点

ポスターも予告編もみつけるのが面倒だったので、新撰組 三番隊隊長で撃剣師範も務めた剣豪斎藤一のまさかの肖像画をUPします。(引用:wikipedia)

d0121781_8301224.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-09-11 06:26 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 65作目 STAND BY M... 気になる映画 >>