ユニクロ × ECM

買い物のお供で、久しぶりにユニクロへ。
相変わらずの混みっぷり。
子供にとっては地方ならではのあの広い店内は、恰好の遊び場所のようで、走りまわるのを注意するのにも疲れ、最終的には、一緒に走り回って、かあちゃんからの一喝があり、チーンといういつものパターン。

そんな中、目を疑う商品があった。

ユニクロ×ECM

ECMといえば、そんなに詳しくないけれど、「静寂よりも美しい音を」みたいなコンセプトで、ジャズ、クラシック、はてはテクノや現代音楽まで幅広く手掛けている、世界有数のレーベル。ジャケットの美しさでも有名な、レーベルでもあり、かくいう私も何枚かCDを所有している、レーベルなわけであります。
その美しいジャケットに目をつけたのがユニクロ。

このシャツが発売された経緯、背景などまったくわからないし、ユニクロというブラントについてもそんな理解はないけれど、お金で芸術を犯したような、妙な嫌悪感を覚えた。

知らないジャケットっていうのも大きいし、自分が持っている、欲しいと思うジャケットのものであったら、そんな感情は出てこなかったのかもしれない。むしろユニクロで散財したかもしれない。

色々ありそうな話はしょっぴきますが、今のところ、このシリーズは買おうとは思いません。

d0121781_15394964.jpg
d0121781_15394054.jpg
d0121781_15393224.jpg
d0121781_15391834.jpg
d0121781_1539522.jpg

[PR]
by putain-day | 2014-09-29 12:28 | FASSION | Comments(0)
<< 天下一品 67作目 永遠のゼロ >>