82作目 ホビット 竜に奪われた王国

「ホビット 竜に奪われた王国」を観た。

「ホビット 決戦のゆくえ」を劇場で観るために、観た映画。
ホビットシリーズは、ロードオブザリングと同様、全3部作なのだけれど、3部作ということをすっかり忘れ、TSUTAYAで2作目の竜に奪われた王国だけを借りてしまった。
しかも決戦のゆくえを劇場で観る前日の夜の出来事だったので、もう諦めて竜に奪われた王国から観ることにした。

最初の45分くらいは、さすがに?、?、?だったけれど、そこはさすがにビッグバジェット映画。
途中からでもなんとか、話の中に入っていくことができました。

ロードオブザリングの時もずっと気になっていたのだけれど、主役のホビット族という物語の架空の部族がいます。上半身だけみたら、どう見ても人間なのだけれど、小人という設定なので、全身が映ると、なんか違和感がある。そして、裸足だし、足がでかいし、その違和感たるやハンパなし。
ドラクエ世代としては、わりと好物な物語なのに、その全身カットでいっきに現実に戻されてしまう。
今作でもその印象を拭いきることはできなかった。
タイトルにも出てきているからネタバレではないと思いますが、終盤にかけてドラゴンが登場するのですが、まさかあの役者が演じていたとは、、、
でもそんな必要あったのかしら。別に顔が出るわけじゃないし。キングギドラみたいに顔が3つあって、その1つが俳優の顔っていうのであればまだわからなくもないけれど。

途中の2作目から観たという、失敗をおかしてしまいましたが十分に楽しめました。
85点(一作目からちゃんと観て、ホビット族の外観さえなければ、もっと高得点だったのに)

d0121781_1524731.jpg



[PR]
by putain-day | 2014-12-27 06:46 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 83作目 ホビット 決戦のゆくえ 81作目 ドンジョン >>