2014年 総評

2013年から始めた、映画鑑賞記録、何とか2年目も続けることができました。
2013年が62作品鑑賞だったのに対し、2014年は85作品鑑賞できました。
なんとか100の大台を目指してやっていたのだけれど、途中中だるみしちゃって、全然観ていない期間があったため、それが失速の原因となってしまいました。
TSUTAYAが準新作のレンタル料が下がったときに、ここぞとばかりに準新作を借りる傾向にあったのですが、今年は途中TSUTAYAさんが全然レンタル料金を下げてくれない時期があって・・・
そして、海外ドラマに時間をとられてしまって、、、 House of Cardsが面白すぎて。映画の本数を増やしたかったので、シーズン2は未見です。
観たい旧作、観なければならない旧作も山のようにあるのだけれど、なかなか手が伸びないというのが現状です。
2015年は旧作もどんどんチャレンジしていきたいです。

今年のベストは色々と悩んだのですが、「悪の法則」に決定しました。
麻薬をテーマにした映画なんですが、派手な銃撃戦等のアクションは皆無なのだけれど、淡々とした描写が余計に怖いというか、新感覚の映画でした。
この映画のキャメロンディアスが、妖艶すぎて、思い出して今も鼻血を垂らしながら、タイピングしております。
悪の法則にも出演していた、マイケル・ファスベンダーの「シェイム」も2014年の忘れられない作品となりました。
マイケル・ファスベンダーと並んで個人的な主演男優賞を贈りたいのが、マシュー・マコノヒー。
2014年の映画界的にもこの人はかなりきてたのではないでしょうか。マジックマイクで本来のキャラを爆発させたかと思えば、決定づけたのがダラスバイヤーズクラブ。役が憑依していました。
未見ですが、ウルフオブウォールストリートやインターステラーも素晴らしいという評版です。

韓国映画も結構観た年でした。
特にハ・ジョンウさんが素晴らしすぎて。ベルリンファイルはアクション映画としても秀逸だと思いますし、哀しき獣悪いやつらでも存在感ビンビンでした。
ハ・ジョンウさん新作?のテロ・ライブというのが面白そうです。
10人の泥棒たちも忘れてはならない良作でした。
しかし、ナンバー1は「ハナ 46日間の奇跡」です。完全に泣かされにいった映画でしたが、想定していた以上に泣かされました。久しぶりに嗚咽級。
悔しいから、あんな美談のはずがないって鑑賞後から思うようにしてひねくれておりました。

日本映画では、SRサイタマノラッパー シリーズが、印象的でした。ふとテーマ曲を思いだしたり、またあのラッパー達に会いたくなる感じ。
SRサイタマノラッパーで主演だった、駒木根隆介さんも出演されていた、愛の渦も欲だらけの映画で、久しぶりの重量級な映画でした。思いだしても、重力を余計に感じてしまうくらい。

今年はバラエティーに富んだ、様々な映画を観れた気がします。
今までは起こりっこない話の映画が多かったと思うのですが、映像技術の進化や、時代的なこともあるのか、いつ自分に起こってもおかしくないような、割とリアリティ感ある映画が多くなった気がします。
iPhoneの観たい映画リストは、一向に減らないし、むしろ増えていくだけなので、2015年こそ100本の大台目指して観続けたいと思います。
[PR]
by putain-day | 2015-01-09 06:14 | MOVIE2014 | Comments(0)
<< 1作目 WOOD JOB~神去... 85作目 her 世界でひとつの彼女 >>