Apple Music

d0121781_7525176.jpg


サービス開始からしばらく経つけれど、実際に使用してみて感じたことを。

賛否両論ある、この手のサービスだけれど、個人的には賛成です。

家の中では完全にBGM、車の中ではもっぱらラジオorPodcastというパターンが定着し、ゆっくり音楽を聴くという時間が減っていっている。子供にAV機器をこれでもかというくらいに破壊され、今我が家にあるのは、iPodをスピーカーにさして直接音を鳴らすタイプのもの一台。(iPodクラシックが欲しい・・・)

じゃあいつ活用するのと言われれば、孤軍奮闘する残業時間に愛用しています。

昔からの癖で、雑誌やwebで気になっている人の音楽ランキングやリコメンドしている盤は、今も欠かさずチェックしていて、WANTリストだけが膨大に膨らんでいます。今までは時間ができたときに、レコード店やamazonで全曲試聴するくらいでしたが、このApple Musicの登場により、アルバム全曲フルで聴くことができるようになりました。これは大きい!膨大なWANTリストが少しずつではあるけれど、消化できるようになりました。

今までは気に入った曲、一曲単位で購入することもあったけれど、このサービスを利用してから、アルバムを久しぶりに購入したりもしました。

何よりアルバム通して聴けることが、個人的には大きいです。

レコードを掘っていた時代もそうでしたが、欲しかった、気になっていた曲もそうだけど、隠れた良い曲と出会えたときの感動がね。

普段はiPodのシャッフル機能ばかりだったけれど、ここにきて、アルバムを通して聴く心地よさというか、そういうものを再認識できたような気がします。

あくまでこれは自分の体験ですが、疎遠になっていた音楽がより再び身近なものになったのは間違いないです。

今は無料トライアルということで、3ヶ月限定のサービスですが、3ヶ月経ってからもサービスを継続するかどうかは悩み中。
今の映画配信みたいに、1アルバム100円くらいで1週間聞き放題みたいなサービスを行ってくれると嬉しいのですが。

Googleも音楽配信サービス始めるみたいだし、映像もどんどん配信サービスが増えてきています。

そんな配信サービス主流の中、配信無し、価格設定も決して安いとはいえない、孤高のソロイストによるアルバムが10月に発売されます。リリックの内容はもちろんそうですが、相変わらずブレない生き様に漢を感じます。

d0121781_753357.jpg

[PR]
by putain-day | 2015-09-04 06:25 | MUSIC | Comments(0)
<< 気になる映画 SPY 50作目 クライマー パタゴニ... >>