獅子吼

「獅子吼」
著者:浅田次郎

d0121781_9162225.jpg


浅田次郎さんの作品は昔から好きで、著書はかなりの数を読んでいる、数少ない作家さんの一人です。
あまりジャケットが好きじゃなかったので、好意を持てずにいた一冊。
短編集でした。
人間味のある構成はかわってはいないんだけれど、どうも浅田節がいまいち効いていないんですよね。
もっと泥臭く、下町感たっぷりの、THE人情が書かれている浅田作品が好きです。
今作は、ちょっと上品でかしこまっている印象を受けました。
ただこれだけの人気作家の作品なので、ある一定のクオリティは超えているということが前提での話です。

好きじゃないというより、馴染めなかったという感じかな。
[PR]
by putain-day | 2016-02-13 06:11 | BOOK2016 | Comments(0)
<< 7作目 ナイトクローラー 気になる映画 サウスポー >>