7作目 ナイトクローラー

「ナイトクローラー」を観た。







今現在最も好きな俳優と言っても過言ではない、ジェイク・ギレンホール主演のサイコサスペンス映画。

予告を初めて観たとき、狂気じみたオタク感オーラがビンビンに出ており、絶対に観る映画リストの上位にランキングされていた作品。

その時感じた狂気は本物で、むしろもっと変で嫌な奴でした。
作品内でも、友人はおろか、身内にも頼れる人はいなさそうだったけれど、人間性がそうさせたのか、孤独が彼をそうさせたのか、その背景はちょっと描いてほしかったかな。

ボロボロの車に乗っていたのに、お金を手にしたとたんダッジチャレンジャーを買っていたけれど、あんな地味な生活をしていたのに、こういう車に憧れがあったのねって、意外性に笑ってしまいました。

作品中の主人公の雰囲気、笑うセールスマンの喪黒福造そのものでした。

ドーーン!!
[PR]
by putain-day | 2016-02-16 07:29 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 8作目 キングスマン 獅子吼 >>