10作目 海街diary

「海街diary」を見た。





もう、最高すぎる。
是枝監督の前作、「そして、父になる」もよかったけれど、個人的には遙かに今作のほうが好みです。

配役で、この映画の全てが決まっているといっても過言ではない。
綾瀬はるか の、どこまで真面目なんだ!っていう長女役
長澤まさみ の、どこまで破天荒なんだ!でも実はいい人なんだ次女役
夏帆 の、ほんわかしているけど、実は内に秘めているものがありそうな三女役
広瀬すず の、80年代アイドル演出だけど全然古くない、キラキラ感たっぷりの末っ子役
あ~、最高すぎる。
映画冒頭の5分で、完全に引き込まれてしまいました。

観てる間も、幸せすぎて、感情移入しすぎて、「頼むから不幸なこと、悲しいことは起こらないでくれ~!」って、つまらないサスペンス映画なんかよりハラハラして観てしまった。

終わり方が曖昧で、結局どっちなんだよー!白黒ハッキリさせてくれ!な映画は、今まで何本も観てきましたが、この映画ほど見事に着地させた映画はいまだかつてないのでは。

この4姉妹の続きの人生はとても気になるけれど、観たいけれど、観たくない。
女優さんたちのこのときにしか撮れない、あの表情やあの演技。
どっちなんだよな言い回しですが、これが映画なんです。これぞ映画なんです。

素晴らしい!
マーベラス!
女優、おそるべし!!

この映画観られた方
ビールくらいおごるので、今作について熱く語りましょう。
同じくらいの熱量をもった人限定です。。。
[PR]
by putain-day | 2016-02-23 06:17 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 演歌とフォークソング 9作目 群盗 >>