無題

演歌やフォークソング、昭和の名曲なんか探し始めたら止まらないのが、youtubeという超危険サイト。

ベタですが、改めて聴くと、、、


イントロ一発目のアップの表情がたまらない。
それを挽回するかのように歌い上げる、圧倒的歌唱力。
いやはや。
切ない歌詞なのに、どこかDISCO調。
12インチバージョンとかないのだろうか。聴いてみたい。

尾崎紀世彦さんと言えば、幼いながらに衝撃だった、まさかのこのカバー



カバーと言ったら、これは外せない



あついぞ、昭和!!
[PR]
by putain-day | 2016-02-24 05:47 | MUSIC | Comments(0)
<< 11作目 カリフォルニアダウン 演歌とフォークソング >>