16作目 サンドラの週末

「サンドラの週末」を観た。





昨年の夏、友人の結婚パーティーでの余興の一環として、ビデオレター(ドラマ風)を撮影した。
台詞も一応あり、演技といえばそうなるのでしょうか。
友人達しかいないにもかかわらず、それはまぁぎこちなく、ひどいものでした。
それと同時に、俳優さんってすごいなぁと強く思ったのです。

先日観た「海街diary」も女優ってすごい!って強く思わされたけれど、今作は別格というか、ワールドクラスとなるとこうなるのかと・・・

言わずもがなな大女優、マリオン・コティヤールさん。
今作にも言えることなんだけど、何から何まで普通なんです。
映画といえば、映画なのだけれど、ドキュメンタリーって言われてもおかしくないくらい。
演じているというより、本人そのものなんですね。
熱演っていうのとはまた違う。
この作風に熱演だと、絶対に浮いてしまう。
そういうことを考慮しての演出なのかどうかはわからないけれど、何もかもが普通であることの凄みを思い知らされた作品でした。
[PR]
by putain-day | 2016-03-15 23:37 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 17作目 ショートターム 15作目 スターウォーズ フォ... >>