19作目 ジョン・ウィック

「ジョン・ウィック」を観た。





予告の「愛犬が殺され、最狂のヒットマンの逆鱗にふれ、復讐劇の幕があける」というようなアナウンスを聞いて、から「愛犬のために・・・」と気になってしょうがなかった映画。ついに観ることができました。

主演は、アクションには定評のある、キアヌ・リーブス。
最強、最狂とは言うものの、ジェイソン・ステイサムやスティーブン・セガールのようなバケモノ級なすごさではなく、適度にダメージを負うところがよい。
そりゃそうですよね。単身ロシアンマフィアに乗り込んで無傷で帰ってくるなんて、まず不可能ですから。

車の価値とかはわからないけれど、この手の映画の主人公って、たいてMUSTUNGとかダッジ、チャレンジャーの古い年式のビンテージカーに乗っています。
その方が格好つくからかな。

ガンアクションでいえば、首から下を一回撃っておいて、「イテー!」って前のめりになったところ、頭部にバンっ!っていう、冷酷非道な撃ち方が多様されており、ひょえー!と思いました。

果たしてシリーズ化されるのか!?
[PR]
by putain-day | 2016-03-28 05:27 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 20作目 アリスのままで アルパインクライミング考 >>