20作目 アリスのままで

「アリスのままで」を観た。





言語学を教える大学教授(ジュリアン・ムーア)が、若年性アルツハイマーの病におかされていく姿を描いた、映画です。

主演のジュリアン・ムーアは今作で、2015年のアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。
映画好きじゃなくても今作を観れば受賞が頷けます。
圧巻の一言でした。
ジュリアン・ムーアのために作られたと言っても過言ではないくらいの映画だと思います。

アルツハイマーって他人事のようにしか思っていませんでしたが、記憶を無くすって怖いです。
志村けん世代としては、「飯はまだかね」のイメージが強すぎましたが、記憶を無くすということは、、、
自分が何をしているかわからなくなる
家族の名前がわからなくなる
道を忘れる
自分の家のトイレがどこなのかすら忘れる・・・
これはほんの一例ですが、いかに色々なことを記憶する脳がすごいか、脳に助けられているか。

劇中のフレーズですが、
「私は何をしても忘れてしまう。だからこの一瞬、一瞬が大切なの」という演説は、とても心打たれました。
映画では名言出現シーンでよくある演説シーンですが、久しぶりに名演説シーンの誕生だったと思います。

もっと大切に生きよう!
[PR]
by putain-day | 2016-03-30 06:02 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< マインドフル・ワーク 19作目 ジョン・ウィック >>