22作目 今そこにある危機

「今そこにある危機」を観た。





1994年の作品。もう20年以上も前の作品だとは・・・
麻薬カルテル映画、他に何かないかなぁと探していると、この作品にヒット。
観たことはあったと思うけれど、20年以上も前だと、当時は麻薬カルテルがどんなものかすらわかっていなかったと思うし、ということで見直してみた。

さすがに20年以上も前の作品ともなるととなめてかかったけれど、意外とそうでもなかった。
細かいことをいうとキリがないけれど、風化して観るに耐えないといった内容ではなかった。

当時の麻薬カルテルがどのような認識のされ方だったかはわからないけれど、CIA副長官代理なる人物が単身、コロンビアに渡って、カルテルのボスと協力し、裏切り者を退治するって展開は、やはり強引としか思えませんが・・・

現在麻薬カルテルといえば、メキシコだけれども、コロンビアの麻薬カルテルがはびこっていた時代の映画でした。

コロンビアの麻薬カルテルが衰退して、メキシコ組織が台頭してきた経緯って何なんだろう。
[PR]
by putain-day | 2016-04-12 05:30 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 23作目 ゼロ・ダーク・サーティ 21作目 トラフィック >>