PRINCE

プリンス死去の報道があった。

故人を偲んで、ちょっと書いておこうかと・・・

プリンスとの出会いは、映画「バットマン」でした。
どういう経緯があったかはわからないけれど、当時中央通りにあった映画館へ家族みんなで観に行ったのを覚えています。バットマンが何者かはわからないけれど、バットモービルやバットスーツが強烈にかっこよくて、バットマンのキャップを買ってもらった。そのバットマンのメインテーマ曲がプリンスの「BAT DANCE」。この曲も一度聴いたら忘れられないインパクトのある曲。



それからのプリンスは、当時の自分からすると、マイケルジャクソンとの区別がつかず、ホモ?みたいなイメージしかなかった。

それから長い年月を経て、再びプリンスにやられる。
HOUSEミュージックにはまりはじめ、そのきっかけとなったDANNY KRIVITのイベントに行ったときのこと。
テンポいい曲が続き、盛り上がっていたけれど、そこで投入されたのが、「Erotic City」(だったと思う)
つたない英語で、この曲は何か教えてくれー!っと本人に聞いた記憶があります。
レコード屋で見つけたときの、あの興奮は忘れられません。

当時はインターネットで情報を収集というより、雑誌や本、店頭、クラブでの情報収集がメインでした。
Toshiyuki Gotoさんのレコードガイドブックにて「Small Club」という海賊版のアルバムの存在を知る。

d0121781_7314696.jpg


来る日も来る日もレコード屋で堀り続けたが出てこず・・・
そんなとき、Harveyだったか、David Mancusoさんがこのアルバムの「Forever in my life」という曲をスピンしておられ、Dannyさんの時同様に、まさに「なんじゃーこの曲は!!」だったのです。
まさに青天の霹靂。ちらっとブースをみると、探しに探していたSMALL CLUBのジャケットが見えるじゃないですか!かっこいいなぁ~なんて思ってたら、このアルバム、後日あまりにも簡単に手に入っちゃいました・・・
ジャケットが好きで、レコードを聴かなくなった今でもジャケットは家に飾ってあります。



この曲も好きです。





このラジオの特集は面白かったです。
プリンスがプリンスたる所以。


d0121781_7402243.jpg


がっつりはまっていたわけではないけれど、僕の人生の要所要所で、脳天に雷を落としてくれた、重要なミュージシャンです。
どうぞ安らかに。
ありがとう、プリンス
[PR]
by putain-day | 2016-04-22 06:14 | MUSIC | Comments(0)
<< ジェイソンボーン 27作目 モネゲーム >>