31作目 マシューランド

「マシューランド」を観た。





スペイン映画です。
パッケージにもありましたが、自国ではまさに「圧倒的評価」らしく、〇〇賞受賞というのは映画の宣伝文句で色々あったけれども、ここまでゴリ押しの映画も珍しい(他に言うことなかたのか・・・)ので、挑戦してみました。

1980年代のスペインが舞台の映画なのですが、その当時のスペインがどういうものなのかもよくわからないので、わりとすんなり受け入れることができました。
途中、話が大きく展開したりすることもなく、割と淡々と話は進むのですが、観たときの体調もよかったからか、眠くならず、飽きることなく最後まで観れました。

そして、問題のエンディング。
僕はどういう映画であれ、抽象画のようなぼんやりとした終わり方(観客にエンディングを想像させる映画)は好きではなく、そんな終わり方をされたら「おい!」ってつっこみたくなります。
今作はまさにそのような終わり方。
あまりにも気になったので、鑑賞後色々とネットで調べてみたのですが、大方が僕と同じ意見でした。
安心したという気持ちはなく、みんなそう思うくらいの終わり方なのだから、むしろしっかりエンディングを描いてくれYO!と・・・
ちょっと調べて、俺はこう思った、私はこうだったっていろんな意見が飛び交うまらまだしもね。
[PR]
by putain-day | 2016-05-02 06:08 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 32作目 リピーテッド 30作目 お!バカンス家族 >>