サイゼリヤ

久しぶりにサイゼリヤへ行ってきました!

d0121781_16575832.jpg










高校生の時だったと思うけれど、駅前に県内初のサイゼリヤがオープンし、ミラノ風ドリアにはどれだけお世話になったかわからないサイゼリヤ。
最近では、生ビール、キリン一番搾りがジョッキで399円(税込!)、ワイン500mlデキャンタが399円(税込!)という、このご時世アル中には嬉しすぎるプライスで、アルクホリックを提供してくれる、これぞ本当のバルだと思い、御贔屓しておりました。

そんななか、あるブログが目に留まる。
そんな大人の楽しみがあるんかい。

ということで、ブログを読んで久しく時間は経過しましたが、行ってきましたサイゼリヤ。

最初に断っておきますが、私はグリーンピースが大嫌い。
というより、グリーンピースを食品と認めていません。
チャーハンやオムライスに入っていれば、綺麗に取り分けて食べる派であります。
そんな私がメニューを見る度に、顔をしかめることになっていた「柔らか青豆の温サラダ」

挑戦しました。チーズのトッピングをして。
「うっ・・・」
うまいとはほど遠い、チーズ味がするグリーンピースだったのでした。
チーズの量が足りないのではと、思い何度もかけなおすもやはりグリーンピース。
ビールやワインで流し込むも、体内の臓物が拒否反応を起こしている様。
大量のチーズをかけた結果、もはやどんな食べ物かわからないと妻にクレームを入れられ、結局自ら処理する羽目に。うぅ・・・

生ハムは、正直味はわからなかったけれど、心なしかジューシーな感じがして、「ほぅ、これが本場の味か」
と堪能。
おそらく生まれて初めて食べるであろう、エスカルゴもわかりやすいといえばそれまでなのだけれど、オリーブオイルとガーリックのバランスが素晴らしく、アツアツで食べるとトレビアーンな味でした。

調査だ!と意気込んで、調子にのってあれやこれやと頼みまくった結果、ミラノ風ドリア何皿分だと、目が飛び出るようなお会計をいただきました。

本場のバルのように、ちょい飲み、ちょい食べがこの店の正しい活用方法のようです。

そして、今までずっと「サイゼリア」だと思っていたのに、「サイゼリヤ」だったことに気付いた、そんな歴史的一日でもありました。
[PR]
by putain-day | 2016-05-21 05:35 | FOOD | Comments(0)
<< 無題 42作目 フレンチアルプスで起... >>