原爆

2016年5月27日
現職のアメリカ大統領が、原爆被爆地である、広島を初めて訪れた。
賛否両論はあるだろうし、すでに歴史のこととなっている原爆投下に対しては、人の数と同じだけ、様々な考え方があるだろうと思う。

ただ、どういった思いがあったにせよ、原爆を投下した国の現職の大統領が、被爆地を訪れたという行動は、とても素晴らしいことだと思います。しかも被爆された方が存命中に。

あまり社会的なことは、このブログには綴りたくはないのだけれど、人が人を想う気持ち、人が人を許すということがどれだけ素晴らしいことかを教えてくれる、歴史的な一日だったと思います。



演説内容
71年前、晴れた雲のない朝に、死が空から落ちてきた。そして世界が変わった。閃光と火の壁は都市を破壊し、人類が自滅する手段を備えていることを証明した。なぜ、我々はこの場所に来たのか。広島に。我々は10万人以上の日本の男性や女性、子供たち、何千もの韓国人、捕虜になっていたアメリカ人を含む全ての死者を追悼するために来た。彼らの魂は我々に語りかける。我々が何者なのか、そして我々がどのようになろうとしているのか。
科学を人生の発展のために使用してほしい。今、広島の子どもたちは幸せに暮らしている。それを世界のすべての子どもたちに。広島、長崎が核戦争の夜明けとして知られる未来ではなく、私たち自身の道義的な目覚めとなる未来。
[PR]
by putain-day | 2016-05-27 23:03 | OTHER | Comments(0)
<< 43作目 ジョーカーゲーム 志津野雷:ON THE WATER >>