43作目 ジョーカーゲーム

「ジョーカーゲーム」を観た。





原作(?)というか、小説の「ジョーカーゲーム」は、以前読んだことがあって、一話完結の短編集ということもあり、読みやすく、結構楽しめた記憶があります。

そんな小説の映画化、主演がジャニーズの亀梨さんということで、期待も楽しみにもしていなかったのですが、それをはるかに下回る残念な作品でした。

ジャニーズが主演のアクション映画となると、こうなりますよ的なまさにお手本のような映画。
これからジャニーズを主演に作品を撮影する映画監督さんは観るべき映画です。
そして深田恭子さんの大根役者っぷりがかつてないほどに、描かれている記念すべき映画でもありました。

最初から最後まで、つっこまざるを得ないシーンばかり。
スパイ映画と堂々と宣伝していることに、恐怖すら感じます。

最後にお約束のジャニーズによる曲がエンドロールで流れたときは、ズコっって音が聴こえたのではないかというくらいに、見事にずっこけました。

これぞ、ジャニーズ映画の金字塔。
ジャニーズによる、ジャニーズのための映画。
すごいぞ、喜多川社長!

個人的には、赤西仁くんの動向が気になってしょうがありません。
事務所は辞めてしまいましたが、あんなにファンクな人はいません。
[PR]
by putain-day | 2016-06-01 05:56 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 16.05.28松島オートキャ... 原爆 >>