松島オートキャンプ場@能登島

友人に誘われ、急遽、松島オートキャンプ場へいってきました。

d0121781_10575120.jpg




自分の判断だけであれば、絶対に行かなかったであろう、海でのキャンプ。
海は足がつかないから嫌なんです。そしてサメがいるし・・・
幼少時に観たジョーズが完全にトラウマになり、今でも海には抵抗がある。

目指す先は、能登島。
無料の高速道路もあるため、ナビが壊れている車でも、あまりiPhoneを頼らずとも、無事到着。
先についていた友人家族は、既にテントをたて、準備を済ませ、海で遊んだり、それぞれ満喫していました。

そそくさとテントをたて、海へ直行。
子供は初めましてだったので、慣れるのに多少時間はかかったけれど、気が付けば手をつないでキャッキャッと遊んでいるから、すごい。こればっかりは、いつも見習わないとというも関心させられる。

そして晩御飯。
「酒だけ持ってこられ」というありがたいお言葉に、申し訳なさも感じつつ、次から次へと出てくる料理に、舌鼓を打つ。食べる人、遊ぶ人、飲む人。それぞれが時間を楽しんでいて、これを幸せと呼ぶのだろうと、ポエトリーな言葉を言いたくなるくらい、素晴らしい時間だった~と。

あれだけ騒がしくても、遊び疲れたのか、テントへ1人消え、2人消え、焚き火で語らう時間に後ろ髪をひかれながらも、気づけばテントへ。撃沈。
前回のキャンプの寒さがあまりにもひどくて、「寒いのでは!?」と何度も錯覚で目を覚ますも、防寒対策を完全にして挑んだ今回のキャンプ。快適な睡眠を得ることができました。

夜があけて、テントから1人出て、2人出て、朝が始まりました。
普段の「〇〇食べなさい!」、「早く着替えなさい!」というような怒号も聞こえず、あー幸せや~な時間。
昨夜に続き、いたれりつくせりな美味しい朝食をいただき、子供達と海遊びへ。
後日、釣り餌で有名なゴカイの卵だと知る、奇妙な卵を子供達と生態系がおかしくなるのではというくらい乱獲し、魚もつかまえたりして、面白かったな~。

家族水入らずのキャンプも、気づくとこれしなさい、あれしなさいって言ってたりするので、友人達とのキャンプがいかに良いものかをとても実感しました。
特に今回は、どの家族も同じ家族構成の一男一女。歳も近いから子供達も楽しんでいた。
これに勝るものはないのではと思うくらいの、久々に衝撃を受けたイベントごとでした。

今年の夏は遊びたおすぞ!

d0121781_105886.jpg

[PR]
by putain-day | 2016-06-04 05:53 | CAMP | Comments(0)
<< 44作目 TED2 43作目 ジョーカーゲーム >>