64作目 ヴィンセントが教えてくれたこと

「ヴィンセントが教えてくれたこと」を観た。





以前、予告を観て気になっていた映画。
気になっていたわりには、期待はしていなかったのだけれど、あたり映画でした。

主演のビル・マーレーに触れたいところだけど、個人的にMVPは、「ハラボテ」なコールガールを演じた、ナオミ・ワッツ。
一緒に観た奥さんも、「ナオミ・ワッツでなきゃいけない必要性を全く感じない」と言っていたけれど、まさにその通り。
なぜナオミ・ワッツが??? ドリフのようなパンチラシーンはあるし、ポールダンスはやるし、かなりパンク。秀逸!

そしてビル・マーレー。
日本に奇妙な犯罪が増えたのは、こんなクソ親爺が減ったからだと思う。
とにかくクソ親爺。だから良い。廻りの人たちはたまったもんじゃないと思うけれど。
昔は近所にクソ親爺やクソババァがいて、よく叱られたもんです。

60歳を過ぎたら、オープンカーを乗り回し、酒・ギャンブルづけ。
暴れてやるぜ。

[PR]
by putain-day | 2016-09-03 08:19 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 65作目 マイファニーレディ 63作目 キッズリターン >>