67作目 ライアーハウス

「ライアーハウス」を観た。





「ラスト〇分、衝撃のラスト」的な作品。
一時期、このての映画が好きで、DVDのパッケージにこのての文句が書かれていると、よく借りてみていたのだけれど、「ユージュアルサスペクト」と「シックスセンス」の衝撃に勝るものは、結局無く、しばらく遠ざかっていた。

久しぶりに観た、それ系の映画だったけれど、ワーストクラスの作品でした。

演技派なのかもしれないけれど、主演二人の女性による、二人劇がとにかく退屈で退屈で・・・
途中に出てくるその他の登場人物もパッとしないというか。
もっと魅力ある登場人物をつくらないと、最後にどんなオチを用意していたとしても、なんだかパッとしない気がします。

最後のオチはよかったと思うんだけどな。
もったいない。

[PR]
by putain-day | 2016-09-08 19:29 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 通販 66作目 ボーダーライン >>