69作目 パパVS新しいパパ

「パパvs新しいパパ」を観た。






ウィルファレルとマーク・ウォールバーグ二人による、おバカ映画です。

ウィルファレルのコメディ映画って、結構やりすぎることが多いのだけれど、今作での演技はちょうどよいというか、飽きることなく観ることができた。

尺が90分くらいの、このてのコメディ映画は気を張らずに、観ることができるので、ちょっと時間があいたときなどに重宝します。
毎回のように言っているけれど、こういう映画を、本国の劇場で、メガマックスに盛られたポップコーン片手に、時には喰らい、時には画面に投げつけながら、それをコーラで流し込み、大きくゲップを吐きながら、ゲラゲラ笑い鑑賞してみたい。
そもそも劇場ではなぜポップコーンなのだろう。アメリカから輸入された文化というか習慣であることには違いないのだろうけれど。
マナーの低下につながるのは、火を見るよりもたしかだけれど、アルコールをもっと劇場は充実させるべきだと思う。

マッドマックス、爆音上映もよいけれど、マッドマックス テキーラ飲み放題上映とか企画できないかな。
爆音と共に鳴り響く、嗚咽の嵐みたいな。
ダメか・・・


[PR]
by putain-day | 2016-09-25 04:13 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 70作目 ルパン三世 冬のあそびニスト >>