70作目 ルパン三世

「ルパン三世」を観た。






子供を連れてTSUTAYAへ。
映画でも観ながら、夕飯でも食べようかとなり、何を観ようか悩んでいたところ、「ルパン三世 カリオストロの城」が大好きな子供に、これどう?と冗談でプレゼンしたところ、奥さんがまさかの「いいんじゃない?」と食いつき、貴重な日曜日の夜に、家族全員で鑑賞。この時点で、「あらららら~」

カリオストロの城=ルパン三世
だと思いこんでいる子供は、映画が始まるやいなや、「伯爵はどれ?」、「クラリスは?」、しまいには「ルパンはどれ?」と質問攻めで、浮気がばれた芸能人の記者会見ばりに、沈黙をこころみる。

ルパン三世の実写版に挑んだという、俳優陣、製作陣には敬意を表したいが、当然ながらつっこみどころ満載の映画。
途中から、白目をむきながらの鑑賞。

つっこみどころは山のようにある!
演技とか、編集とか、本当にたくさん。
でも、百歩、いや、千歩譲っても、納得できないのは、黒木メイサの峰不二子!
中途半端にやるなら、AV女優さんとかキャスティングして、せめて、セクシーさだけは表現するとか、他に方法はなかったのか。

日本映画史に燦然と輝く、怒りを感じる映画でした。



[PR]
by putain-day | 2016-09-25 04:22 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 71作目 タイム・トゥ・ラン 69作目 パパVS新しいパパ >>