73作目 皆殺しのバラッド

「皆殺しのバラッド」を観た。






麻薬カルテルもののドキュメンタリー映画。

麻薬戦争が世界で最も激しいとされる、メキシコのある地域では、警察になるか、麻薬をとりあつかうカルテルの組織になるか、二つに一つしかないという。
残忍とされる麻薬カルテルを称える、ナルコ・コリードと呼ばれる、讃歌がヒットチャート上位に蔓延り、麻薬がもたらす影響が一体何なのか、どういうことなのか、もうわからなくなります。

片や、治安の悪化に苦しみ、犯罪撲滅を狙う地域住民と警察。
片や、治安の悪化には苦しむものの、ギャングに憧れ、ナルコ・コリードで狂気乱舞する人達。

これをカオスと呼ばずに、何をカオスというのでしょうか。

文化の違いという一言では片付けることができない、現実。
地球は、とても狭く、とても広く、そして深い。

[PR]
by putain-day | 2016-10-04 05:53 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 74作目 約三十の嘘 72作目 ピクセル >>