86作目 プールサイドデイズ

「プールサイドデイズ」を観た。






劇場未公開作品のため、レンタルするのも一苦労しましたが、苦労した甲斐あって、良作でした。

日本の配給会社の皆様。
どうしてこれを劇場未公開にしたのでしょう。

登場人物全員のキャラがたっている!
各登場人物を主役にしても1本ずつ映画が撮れるのではないかというくらいに。

コメディや怪演が多い、スティーブ・カレルだけれども、こんなにも普通で、こんなにもキャラがたっていて、こんなにもイラッとくるのは、やはり演技力ということなのでしょうか。素晴らしい。

気になって調べてみたけれど、監督のナット・ファクソンさんは、ファミリーツリーの監督でもあった人。ファミリーツリーもジョージ・クルーニーを筆頭に、人物描写が素晴らしい映画でしたが、今作もそれを上回る描き方かと。

大人になりたい子供と、大人になりきれない子供と、大人になりきれない大人の物語。単なる子供の成長映画ではなかった。

こんな映画と1本でも多く出会うために、年間100本という目標を掲げて、雨にも負けず、雪にも負けず、映画を観続けているのかもしれません。
そしてこんな映画があるから映画を観続けるのはやめられません。


[PR]
by putain-day | 2016-10-27 05:11 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 87作目 フランシス・ハ 85作目 ハンター >>