91作目 アイ・アム・ア・ヒーロー

「アイ・アム・ア・ヒーロー」を観た。






ゾンビ映画。

ゾンビ映画を語れるほど、作数は観ていないけれど、ゾンビ映画ってえっ?これで終わり?なものが多いような気がする。
平凡な日常⇒ゾンビの脅威が徐々に⇒ゾンビ大量⇒逃げるor闘う⇒???
周辺にはゾンビがいなくなったけれど、このゾンビってどこから来たの?これからどうするの?な展開が多いような気がします。
そもそもこれだけの内容を2~3時間で描くのは、よほどジェットコースターのように話が進まない限り、難しいと思います。
話は逸れるけれど、そう考えるとゴジラのスピーディーな展開は、改めて素晴らしいなと・・・

邦画でゾンビ映画、しかもかなりの予算を使って。
この無謀ともいえる、挑戦にかかんに挑んだことは、素晴らしいと思う。
出来がどうであれ、挑戦する姿勢にはあっぱれ。

素晴らしいというわけではないけれど、パニック感、ゾンビの恐怖感はすごかった。
これは劇場で体験したかった。

つっこみどころは満載だけれど、ゾンビという存在そのものが既につっこみの対象となっているものが、主の映画なのだから、つっこみどころがないほうがおかしい。

退屈なものになるのは間違いないだろうけれど、続編熱望します。


[PR]
by putain-day | 2016-11-12 05:07 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< Eric Hjorleifson 90作目 クレヨンしんちゃん ... >>