97作目 さらば あぶない刑事

「さらば あぶない刑事」を観た。






人間の勢いというものは怖いです。

珍遊記の次に観たのが、この「さらば あぶない刑事」なのですから。
珍遊記が当たり屋的な映画だとしたら、今作は葬式に参列するような供養の気持ちを持っての鑑賞となりました。

そんなに熱心なファンではなかったけれど、小学生の頃だったかな、シリーズがテレビで放送されていたのは。
そりゃ〜、当時の鼻水小僧にはかっこよく、憧れのドラマでした。

モデルガンが流行って、サバイバルゲーム的なことをして遊んだ時も、みんなタカとユウジの銃の構え方や、走り方、真似していましたもん。

そもそもこの映画自体が、そういう世代をターゲットにした映画なのでしょうが、無茶苦茶な設定も何とか懐かしさでカバーでき、途中で停止ボタンを押すことなく最後まで鑑賞。もう、何から何まで同窓会映画でした。

無事に供養することもできたし、さぁいよいよ目標の100本までのカウントダウンスタートです。

[PR]
by putain-day | 2016-11-21 06:05 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 気になる映画 沈黙 96作目 珍遊記 >>