クリスマスプレゼント

今年も早いもので、残りわずか。
となると、やってくるのがクリスマスという、なぜキリスト教徒でもないのにキリストの生誕をお祝いしなければならないのか、考えれば考えるほど謎めいたイベント。
テレビ業界だったり、広告業界が仕組んだイベントなのでしょうが、よくもまぁこんなイベントが定着したものだなと。
ハロウィンもいつのまにか定着しつつあって、「業界」だったり、「マーケティング」の怖さわをただただ感じるばかりです。

と嘆いていても何もはじまらないので、ブログというメディアを使って、未だ見ぬサンサクロースへ願いを伝えたいと思います。

厳しい寒さはまだ訪れていませんが、やはり冬の対策といえば、一に防寒、二に防寒。

ということで、まずは

d0121781_17253857.jpg
以下HPより
極地遠征隊からも支持されている究極の防寒ジャケットです。最高レベルの防風性を持つWINDSTOPPRER®シェルを採用し、濡れに強く、高い保温性を持つ、光電子PRO DOWNを保温材に採用。また、コールドスポットを排除したシェイブドバッフル構造を用い、安定した保温効果を維持します。

三浦雄一郎さんがエベレスト登頂の際にも着用したという、このジャケット。
このジャケットを着て寒かったら諦めるしかない。

で、家やキャンプで着用するために
d0121781_17292344.jpg

出かける時にはこれ

d0121781_17520903.jpg
上記3点は全て対ヒマラヤ スペック。
なんという素敵な響きでしょう。
地球の気候も壊れてきているし、3点持っていないと日本でも暮らせない日が近い将来こなければいいけれど。

あとはこれ。

d0121781_18054607.jpg
以下HPより
強度と保温性を高いレベルで実現させた極地エクスペディション用防寒ジャケットです。表素材を高強度の140デニール生地で仕上げ、防水透湿力に優れるGORE-TEX®メンブレンをインサート。中わたには、優れた保温効果を発揮する光電子®ダウンを封入。肌側には高い引き裂き強度を持つパーテックス®カンタムを配備しています。小物の収納に便利な5つのファスナーポケットを装備。お尻が隠れる着丈に仕上げ、極寒地での作業や天体観測用の防寒着としておすすめです。

紹介文だけで、お米食べれちゃいます。
このジャケットいただけたら、オーロラの下もトナカイの世話だってなんだってしてもいいです。

南極料理人なんて映画あったけれど、極地遠征隊、なんて響きのよい言葉なのでしょう。
想像を絶する苛酷な仕事なのでしょうけれど。
そんな人達のおかげで、色々恩恵を受けているでしょう。
感謝。






[PR]
by putain-day | 2016-12-22 05:12 | WANT | Comments(0)
<< 気になる映画 ダンケルク 気になる映画:USS Indi... >>