101作目 殿、利息でござる

「殿、利息でござる」を観た。






高速!参勤交代があまりにも面白かったので、今作もコメディ路線の映画だろうとポスターを観て、勘違いしていた。
だって、あのポスター、完全にコメディでしょ。
コメディ要素はあった。しかしこんなに深い話だとは思いませんでした。
雑誌とかで、疲れた時に観る一本、聴く一曲みたいな特集組まれているけれど、来るはずもないアンケートがやってきたら、今だったらこの一本をあげます。
所帯を持ったいまでも物欲がとまらず、コソコソと買い集める日々を過ごしているけれど、人のために生きようと改心を誓う2016年の年末でした。
しかし、キャストがばっちりはまっていた。
恐らくはじめて観たと思うのだけれど、千葉雄大さんがよかったなぁ。
妻夫木くん、泣けたなぁ。
瑛太の安定感たるや。かつらの違和感なし。
西村雅彦さんは本当に江戸時代過ごしていたのではという、はまり方。
阿部サダヲは言わずもがな。
特にファンではないけれど、最後にサプライズも用意されているし。
万人におすすめはできないけれど、個人的ツボな一作でした。
自営業の方や、仕事について、働くということについて、悩み考えている方に観ていただきたい作品です。

[PR]
by putain-day | 2016-12-31 10:04 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 102作目 二つ星の料理人 100作目 この世界の片隅に >>