103作目 デッドプール

「デッドプール」を観た。






マーベルコミックの異色のヒーロー、デッドプール。
まぁよく喋るし、スケベだし、強い。
ドラゴンボールのサイヤ人のように、体の一部を失っても、復活したりするので、撃たれたり、切ったり切られたりで、もうめちゃくちゃ。
ミュータントだからしょうがないのだけれど・・・
2016年の締めくくりという点においては、ちょっと納得できないけれど、単純明快なヒーローものの映画としてはありだとは思います。
主演のライアン・レイノルズは劇中で自身のことをディスっていたりして面白かったです。
そんなに演技が下手だとは思わないんだけどな。

続編も製作されるようで、あまりマーベルコミックのヒーロー仲間が出演しすぎないことを祈っています。
(アベンジャーズのようになると、誰がだれで、誰がどんな特殊能力が使えるのかわからなくてパニックになってしまうので)



[PR]
by putain-day | 2017-01-04 05:12 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 2016年 総評 102作目 二つ星の料理人 >>