2016年 総評

映画の記録をつけはじめて、早3年。
当初からの目標であった、年間100本以上の鑑賞は、3年目でようやく到達。
再度鑑賞したものなど、強引さは否めないけれど、目標達成ということで、とりあえずホッとしています。
情けないことに、映画や本の内容って結構すぐに忘れてしまうのだけれど、ちょっと振り返ってみたいと思います。

幕開けがセッションっていうのは、よかったです。
フレッチャー先生のスパルタは未だに思い出せます。
監督のデミアン・チャゼルさんの最新作ラ・ラ・ランドはかなり評判がよいので、2017年期待の新作です。

味園ユニバース、主役のジャニーズの歌声がよかったなぁ。

海街diary、長澤まーちゃんと付き合いたい。

早くあの二人にまた会いたい。

祝、アカデミー賞受賞 レオ様。
熊の怖さはハンパない。
そしてサバイバル能力。

なんで今まで観なかったのか。
ひこうき雲は2016夏、よく聴きました。

良い映画だったわぁ

片瀬奈々のゾンビが怖すぎた

切なすぎる。
森田の「おかぁさーん」って台詞に落涙。

2017年はロッキーシリーズに挑戦したい。

今年最大の観てよかった~な映画。

恐るべし、「のん」

忘れやすい方ではあるけれど、タイトルを順にみていたら、もう一度観かえしたい映画がわんさか。
今年は結構当たり年だったように思います。
そしてなんといっても、邦画の好調っぷりはハンパなかったっす。
逆に韓国映画は今年あまり観なかった年でした。

年間100本以上鑑賞するには、空き時間をみつけたら、「ハイ、じゃあ1本観ますか」くらいの気持ちを保っていないと無理です。
一筋縄にはいかない本数でした。

2017年
観たい映画はたくさんあるけれど、再び年間100本はどうしようかな・・・

とにもかくにも、映画に恵まれた一年でした。
2016年の映画記録はこれにて終了。

いざ2017年へ!!!








[PR]
by putain-day | 2017-01-08 17:07 | MOVIE2016 | Comments(0)
<< 1作目 ※ローグワン スターウ... 103作目 デッドプール >>