6作目 の・ようなもの のようなもの

「の・ようなもの のようなもの」を観た。





昨年、鑑賞した映画が念願の100作品を超えて、モチベーションが落ちているのが否めない。
今年は読書の年にしようだとか、パンドラの箱「netflix」の蓋を開けてしまおうかとか・・・

映画が好きなことには変わりないので、100本という本数にはこだわらずにマイペースで進めていきたいと思います。

昨年はちょっと時間があいたときに観れるので、上映時間が120分以下のものを好んで鑑賞していたけれど、今年はそれに加え邦画というテーマが追加された。
食事しながらだったり、お酒を飲みながら観るというのもあって、映画には失礼だけれど、多少目を背けても、台詞が聞き取れるので、それが重宝されている理由であるのだけれど、昨年あたりから面白い邦画作品が立て続けに生み出されている。面白くはなくても、魅力的な作品とか。

今作もまさにそれでした。
観終わった後自分でも驚いたけれど、女優の北川景子さんがとても魅力的にみえてしまって・・・
今まで一度たりとも、魅力的に感じたことなんてなかったのに。

今年も邦画に期待!

[PR]
by putain-day | 2017-01-28 06:58 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 7作目 日本で一番悪い奴ら MUSTUNG >>