10作目 海よりもまだ深く

「海よりもまだ深く」を観た。






海街diaryやそして父になるなど、ここ数年で立て続けにヒットを飛ばしている、是枝監督の新作。

「家族」というテーマは変わらずに、そして人物描写の秀逸さも変わらず素晴らしかったと思います。

主人公のダメ人間を演じるのが阿部寛さんなのだけれど、まぁ見事なまでにダメな男、大人でして、腐りきっている感じが良かった。
離れて暮らす息子をマクドナルドではなくモスバーガーへ連れて行ったことを自慢気に話すシーン。最高でした。

これは演技力もそうだけれど、演出、脚本などなど全てのいろんな要因があると思うけれど、助演の樹木希林の凄さかと。樹木希林は何をやっても樹木希林なのだけれど、木村拓哉のそれとは違うというか。
樹木希林本人役で映画に出演していても、きっと馴染むだろうなというくらい、樹木希林がそこにいる感が半端ないです。

是枝作品でお馴染みの役者陣が顔を揃えていたけれど、それだけに子役のインパクトがちょっと薄かったかな。色々な人物と人物を繋げる、それこそキーとなる重要な役だっただけに、引っ込み思案だけど、もう少し人間味のある子供が良かったような気もする。
かと言って、演技がうますぎるプロな子役もいただけないし。
今作に出ている子役のことは調べないでおこうと思う。
だって、これだけダメ出ししておいて、ビッグな子役だったら嫌だし。
子役の方が一歩も二歩も上手でしたってオチは嫌だから。

[PR]
by putain-day | 2017-02-13 23:35 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< Kindle 9作目 パラダイスナウ >>