Kindle

しばらく前になるけれど、Kindleを購入した。

d0121781_12351441.jpg

iPadも持っているし、その気になればiPhoneでもkindleアプリを入れて読むこともできるけれど、iPadはバッテリーの消費が半端ないし、、使っているiPhoneは容量が少ないので、読みたい本をダウンロードすらできないこともあるし、前々からkindleに興味があったので。

操作性ははるかにiPadよりも落ちる。
そして画面もiPadのほうがはるかにきれい。

しかし、読書となると迷わずKindleを手に取ると思う。
とにかく軽い。そして画面は悪いけれど、目に優しい。

特に今みたいな冬の季節、寒いから布団に入ってぬくぬくと本が読みたい。
でも寝室は家族の誰かが寝ていて、照明をつけるのがちょっと・・・
そんなときにKindleは活躍してくれます。
読む読まないは別として、寝室へ行く際は、ほぼ手にKindleを持っていきます。
初老に突入しているため、早朝ふと目が覚めても、Kindleがあれば退屈しない。

Kindleに慣れると本を買おうとあまり思わなくなりました。
だってKindleのほうが楽だから。
だってワンクリックで本を買えるし。
データの本はKindleを購入してからというもの逆に買う機会が増えました。

だからといって本屋に行かなくなったわけではありません。
むしろ本屋さんは今でも大好きです。

本屋と作家と出版社と消費者が共存できるシステムってないのでしょうか。



[PR]
by putain-day | 2017-02-15 05:23 | MACHINE | Comments(0)
<< 11作目 帰ってきたヒトラー 10作目 海よりもまだ深く >>