16作目 すれ違いのダイアリーズ

「すれ違いのダイアリーズ」を観た。






タイ映画、しかも恋愛モノ。

絶対に自分ではチョイスしない映画でしたが、近しい人に激プッシュされ、鑑賞してみることに。

これを王道と言わずして、何を王道と言うというくらい、THE恋愛モノ。
なのに結構評判が良い、この映画。

タイ映画ということで当然、舞台もタイ。
ほほ笑みの国と呼ばれるだけあって、登場人物全員の笑顔が素晴らしい。
恋愛という主軸は保ちつつ、生きるとは、学ぶとは、教育とはという普段忘れかけていること全体をうまく描いているため、これだけ人気が出たのではと推測しております。

じゃあ個人的にどうだったかというと、つまらない感想で申し訳ございませんが、可もなく不可もなくという感じ。
良い映画であるには間違いないだろうけれど、残念ながら今の自分にはそんなに響かない映画でした。

教育を受ける側から、教育する側となった今の自分ですが、教育とはいったい何かを考えさせられる良いきっかけになったことは間違いないです。
将来良い職につくため?将来、高い給料をもらうため?難関校に入学するため?
教育とはいったい何なのか。難しいです。
深みにはまりそうなので、この辺でしめさせていただきます。


[PR]
by putain-day | 2017-02-21 05:20 | MOVIE2017 | Comments(0)
<< 17作目 ブラザーミッション ... 15作目 アルティメット・サイクロン >>